市場のプロ―私たちのめざすもの。
私たち「東新システム」は「市場のプロ」として、創意・情熱・誠意に満ちた、活力あふれる集団をめざしています。「ユニークで高度な技術」と「業務に対する専門的なノウハウ」を活かし、お客さまの営業活動の根幹となる情報システムを提供することで、お客さまと共に成長していける企業でありたいと願っています。

<業務概要>
東新システムは、1973年の創業以来、食品卸売市場の仲卸業の皆さまを対象とした販売管理システムの開発・販売・サポートを行ってきました。全国でも例のない専門企業としてパッケージシステムの開発・強化を進め、現在では「水産」「青果」の仲卸、およびこれに準ずる業態を持つ生鮮食品の流通業の方々を対象に、全国随一のシェアと実績を持つに至っています。
また、単なるシステムの販売ではなく、長年のキャリアに裏づけられた専門的な業務ノウハウを武器に、実効ある業務改善を積極的に提案し、高い評価と信頼をいただいています。
近年は、パッケージ製品のクラウドサービスを開始。停止の許されない仲卸業の基幹システムの安定的な運用に大きく貢献しています。

<製品の特長>
「いちばクラウド魚問屋」「いちばクラウド青果問屋」は、仲卸業という特殊な要素の多い業務内容を的確にとらえたパッケージシステム・サービスです。数次にわたる全面的なバージョンアップを経て、現在では、他に類を見ない高度な機能を集積した完成度の高いパッケージソフトウェアに仕上がっています。
数千項目におよぶ設定パラメタを持ち、多様な管理形態に柔軟に対応。安定度の高いクラウドサービスと、柔軟なカスタマイズ対応を両立させるユニークなサービス形態となっています。

<取扱製品>
・水産仲卸業向け総合販売管理パッケージサービス「いちばクラウド魚問屋」
・青果仲卸業向け総合販売管理パッケージサービス「いちばクラウド青果問屋」
・市場専用タブレットシステム「いちばタブレット」
・店舗売上伝票発行システム「帳場くん」
・市場精算・代払業務専用サービス「TOS市場精算システム」
・専用シンクライアントシステム・リモートアクセス用USBトークン・専用タブレットシステムなど

<会社概要>
・会社名 株式会社 東新システム
・所在地 〒160-0004 東京都新宿区四谷1‐7 日本写真会館 4F  TEL 03‐3355‐1950 FAX 03‐3355‐1977
・設立 昭和48年7月
・資本金 3,000万円(授権資本金1億2,000万円)
・代表取締役 西村 真
・取引銀行 みずほ銀行 三菱東京UFJ銀行

<沿革>
1973年 設立創業
卸売市場仲卸に特化したシステムの開発・販売を開始
1982年 仲卸向け販売管理パッケージ 販売開始
「水産仲卸TOSシステム」「青果仲卸TOSシステム」
1985年 仲卸店舗専用POSシステム「帳場くん」 販売開始
業容拡大のため、本社移転
1988年 液晶タッチパネルを備えた仲卸店舗専用POSシステム「帳場くんV2」 販売開始
1989年 消費税導入に対応したパッケージ第2版 販売開始
1992年 業容拡大のため、本社移転
現在につながる強固な管理基盤を備えた新パッケージ 販売開始
「Mr. 魚問屋 」(オフコン版)「Mr. 青果問屋」(オフコン版)
1999年 業容拡大のため、本社移転
2000年 バッチジョブスクリプト「BSL」開発
オープン版パッケージ 販売開始 「Mr. 魚問屋 」(オープン版)「Mr. 青果問屋」(オープン版)
2010年 カスタマイズ対応も含め従来パッケージを完全クラウド対応
「いちばクラウド 魚問屋」「いちばクラウド 青果問屋」
2011年 ウイングアーク1st社の帳票ツールSVFによる帳票サービス開始
ネクスウェイ社のFAXサービス―、FNXによる自動FAX送信サービス開始
2012年 野村総合研究所のBiz Mart EDIによるEOS通信サービス開始
2014年 クラウドサービスの全機能のタブレット対応版 販売開始
「いちばタブレット」
業容拡大のため、本社移転